浄化の種類

浄化について思うこと。

浄化は綺麗にすること。浄化とエネルギーチャージは表裏一体です。そのものを綺麗にして、キャパを開けてあげれば、自然と気持ちの良いエネルギーが入ってくるものです。物を大切にして、綺麗にすること。そしてその物体に入ってきたエネルギー。それを浄化してまたエネルギーをチャージする...

きっと気持ちよく生きていく秘訣は、日々エネルギーを循環させることなのではないでしょうか。一日一日、まるで同じ状態はなく、日々移り変わる...それが自然の摂理でしょう。

  

・太陽光

・月光

・色の力

 

・線香

・スマッジング

 

・盛り塩

・塩をまく

 

・お神酒

・酒風呂

 

流水

・洗い流す

・うがい

・手洗い

 

言霊

・お経

・ありがとう

 

土,鉱石

・埋土

・水晶のチップの上にあげる

 

森林浴

・緑色

 

・音叉

 

 

(都度更新)

こうやって並べてみると、太陽光やスマッジングハーブ、塩やお酒、流水あたりは除菌効果があるものです。決してオカルト的な意味合いだけではなく、古人の生きる知恵で、清潔にして身の周りを整えようという意味合いを含めた儀式だったのではないでしょうか。

人間は、古くからの慣習にとらわれがちですが、慣習に縛られることなく、その行いの効果に気づき、ありがたみを感じ、より効果的に日々の習慣を行いたいものです。